閉塞状況を打ち破って、物事が前進する予祝があります。時として事態は閉塞して解決の手段を見いだせないときもあるものです。そのような時にどうすれば良いのでしょうか。神仏に頼み、あるいは現実から逃避するのも一法でしょう。しかし、そのような状況を打ち破る予祝をご紹介したいのです。

火地晋(しん)は地火明夷(めいい)から変化してきた卦だといいます。明夷は大地の下に太陽が沈んで隠れてしまった姿を示しています。物事を導くべき知恵は、周囲から顧みられず力を発揮できない状態になっており、閉塞しています。

それに対して晋卦は夜明けを迎えて、地から太陽が昇る姿に転じています。人を導くべき太陽は大地の上に姿を表しました。もはや、優れた知恵を見逃しません。リーダーシップは有効に機能し、部下は一丸となって事態に対処する格好になったのです。

大切な点は自ら明徳を明らかにするという態度でしょう。自分の持っているものを隠していては、周囲はそれを見いだすことができないからです。知恵のあるものは知恵を出せ、から始まる金言をビジネスマンならご存じに違いありません。

ビジネスを成功させようとしても、それぞれが知恵を隠し持っていてはゴールに接近できないでしょう。ビジネスは個人プレーではあり得ないからです。集団で役割を分担し、責任を共有している必要があります。

上卦は陽−陰−陽で離(り)卦で、火のシンボルは明を意味して、麗(つ)く=付く、ことを表します。麗という文字が持つイメージには魅力的なというものも含まれます。知恵は知恵でも悪知恵では問題が拡大する可能性が出てくるでしょう。

下卦は陰−陰−陰で坤(こん)卦、地のシンボルであり、順(したが)う=従う意味です。従うのは柔らかく受けとめて、意思を1つにすることです。羊が従順な動物の例になりますが、彼らは際だって目立つ角を持つ羊に付き従うのだそうです。

物事というものは、明なるものに麗き順うときはその道必ず進むとされます。明なるものとはいったいなんでしょうか?例えば、明確にされた目標であり、その目標によって成し遂げられる価値をはっきりさせることであったりしますよね。工夫の余地があります。

私たちは本質的に秘密作戦にはロマンが一杯詰まっている?なんて思っていたりします。秘密基地を探して裏山を歩き回ったり、箱の中に人に見せられないものを隠してみたり、親に知られないように隣町まで歩いて行ったりといった思い出はあると思います。

しかし、ビジネスは別です。サプライズを求める心理に惑わされてはいけません。ビジネスにサプライズは不要だからです。確かに幸運に恵まれた結果ですというコメントはよく語られます。しかし、それは謙遜している言葉です。

ビジネスとは着想、計画、実行、成果のシーケンスであって、そこに幸運頼みといった要素は入り込む余地がありません。幸運を味方につけるのであって、頼みにするのは少しニュアンスがズレているようです。

部下の思いをくみ取るのは、部下とともに現場に立つ行動にあると分かれば、どのような行動を取ればよいか理解できるはずですが、それをそのまま実行する人は多くありません。これを実行するのがビジネスなのです。

方針を明らかにすること、報償をしっかりと報いる制度など、可能な限り意思を明確に示すことで、ビジネスの方向性を強固なものにする努力は必ず報われます。また部下には日常的に柔軟に対応する訓練が大切です。

へつらいは信用を失う結果を招きますし、通じるのには時がかかるのが普通です。強情で効果を失わないように注意しましょう。リスクは覚悟の上、原則に従って正しく持す心がけです。