二人の関係で一番大切なこと。それは永遠に変わらない本質だから

相手を尊敬する気持ちと支配しない関係とは、特に男女関係において重要です。この卦を見たとき、少し前に相談にやってきた青年のことを思い出しました。

その青年は結婚を約束していた女性に一方的に関係を破談にされてしまったといいます。最近そのような相談が数件舞い込みました。男女ともに若者は対人関係の維持に苦労しているようです。

そこでここでは八卦の中孚という形をご紹介しながら、人間関係を良好に保つための大切な原則をご紹介したいと思います。これを予祝として用いることで、そのような原則を弁えた関係構築の役に立つことでしょう。

中孚の形を見ると、上卦は陽−陽−陰です。風を意味する形で巽と呼ばれます。巽は一番下だけが陰になっており、その形は巽順とも言われるように、柔らかく従い入り込むような性質を備えています。

対する下卦は陰−陽−陽です。これは沢を意味する形で兌と呼ばれます。兌の形は一番上だけが陰ですが、上を向いて口を開けた様子にも理解されます。ここから笑う姿であって若い女性を当てはめて読み解きます。

上下を合わせて上が巽、下が兌と全体の形から真と信の卦だとされています。すぐに気がつくのは、上下が反転した形をしていて、開いた口が向かい合っているというバランスでしょう。とても美しい形姿をしているではありませんか。

お互いが向かい合って言葉を交わし、互いを喜び楽しむのが中孚なのです。目的志向の関係でも良いような気もしますが、それだけでは機能不全に陥ってしまうでしょう。同様なことは社会学の研究でも明らかにされており、目的志向のような社会的な関わりだけでは心情的な信頼関係が取り残されてしまいます。

特に日本のような心情を大切にする繊細な文化においては社会的な関わりだけで、密接な人間関係を維持するのには問題を生じてしまいます。結婚できたとしてもパートナーを役割で理解してしまう誤りを生じるのではないでしょうか。

中孚は中虚です。中心が陰になっていて、何も余計なものを隠し持たない状態を意味します。相手の判断を誤らせるような隠し事をして相手をコントロールしようとしてはもちろん関係を破綻させる破壊力を宿します。

また忠実。上下ともにそれぞれ中心が陽であって、信を保っています。それぞれが自分のあり方をしっかりと保持していなければ、信頼関係を保つことなどありえませんよね。男女の関係であれ、お互いが同じ思いをもっていなければ、誠がありません。

この卦の上卦が外に向かえば、問題を共有し、協力してこと当たれる関係が喜びを実らせます。そして卦の通りに内に向かえば、互いの関わりを大切にして、同じ資格を認め合って心を通わせます。

どのような相手であったとしても、大切な相手であれば信頼関係が本質です。だからこそ、どうすれば信頼関係を築けるのかを考えなければいけませんよね。信頼関係は相互関係だから、一方的な関係に真実は宿らないのはもちろんです。

それでも信頼関係が片方から始まるのは必然です。どちらかが積極的に働きかける必要があります。個人的にはその役割は男性にあるように思います。仕事では上司がその役割を担っている方が後々スムーズに進捗するようです。

どのように相手との信頼関係を形作り、継続させれば良いのか、1つの指針があるので、提示させて頂きます。それは相手の意思を修正しないといいう心がけです。相手は間違うこともありますし、理解不足の場合もありますが、いずれにせよ、修正しようとする行為は相手に劣位を強要します。

修正する代わりに、代案を提示して、相手の意思を忍耐するという態度を決めるのが、コツであるようです。ささやかですが。

偶然も大切だから。これも使ってみて欲しい純粋な喜びの形とは

今回紹介したいのは、「雷地予」という卦です。だいたいは倫理道徳を説くために用いられてきた易経なので、単に喜びを意味する卦が多くありません。それでも喜びに焦点を当てた数少ない卦の1つがこの雷地予なのです。

雷地予の上は陰−陰−陽。雷がシンボルです。雷は力やエネルギーを意味します。なので人物に当てはめれば、若い男性になったり、季節では春を指し示します。この力が上に出ている姿をしています。

下側は陰−陰−陰。地が意味する。形のみで考えれば、力ない状態ですが、地は柔らかくすべてを宿すという意味を同時に持ちます。そこから組み合わせによってとても良い意味を表すようになります。

昔から田に雷が落ちると豊作になるとされてきました。それが稲妻という言葉の由来だそうです。耕された地の上に雷ですから、ちょうど雷地予の元型イメージではないかと思えるのですが、いかがでしょうか。

実り間近の状態で周囲から祝福がやって来る形とも言えます。喜び多い記念日を迎えるための準備を整え終わった時などに、使用されると思わぬ効果があるかも知れませんね。

但し偶然には祝福と呪いとがあるものです。現代社会は合理性が支配的なので、すべて予定外の出来事は偶然だと理解しようとしますが、人間の認識はそのような単純なものではありません。だからこそ、気分が高揚したり、逆に沈んだりしてしまうのです。

偶発的に生じる出来事が、自分の都合に合っていれば祝福だと理解すべきで、喜べば良いのです。偶然だという理解をしてしまうと、その喜びが一気に色あせてしまうのではないでしょうか。喜びはそれでなくても少ないかも知れないのに、偶然なら今度はいつか分からなくなってしまいます。

逆に呪いは自分の都合にあわない出来事が偶発することになりますよね。これなら偶然だと考えても良さそうですが、どうやら人間は都合が悪い現象が起こる確率を実際より高く想定する傾向があるようで、余分に辛い思いをすることになりそうです。

雷地予は基本的に、純粋な喜びを期待する卦です。この卦を見る度に努力が報われて喜びがやってくると期待するようにしています。願い事が叶うのは命を長らえさせるとも言うからです。それを割り引いて考えるのは決して得にはならないでしょう。

元の意味を探ると十分な努力の後に訪れる喜びが予です。上海にある「予園」は喜びの園という意味ですね。すると予定はどのような意味であったのでしょうか。それだけで少し楽しくなってきてしまうようです。

ものの本によれば、下にあった力が、満を持して、発し出て地の上に奮う出世の形で、志を達する喜びが予だといいます。人間にとってもっとも辛いのは待つということではないかと思います。特に手応えがない状態で待つのは辛いように思います。

逆にすべてが努力と理性の結果だと信じるカップルであれば不要な卦かも知れません。そうでなければ、試してみる価値が十分にあるまじないの卦ですよね。是非これを上手に活用して頂きたいと思うのですが、いくつか用心するポイントがあるので、少しご紹介します。

用心を忘れてはいけないというのは言うまでもないかもしれません。いくら良いときであっても用心していなければ、足下をすくわれるような出来事に対処できなくなってしまいます。不測の事態への備えを欠かしてはいけません。

分不相応の喜びごとには気をつけなければなりません。時として分不相応の昇進を得たり、大抜擢されたりします。確かに喜び事なのですが、自分の努力や心がけの結果からあまりにも乖離していたならば、注意が必要です。ですから快楽におぼれず、いつも地を耕すように心がけるのが大切です。

楽しい時間を共有しよう。女性が幸せになる形を押さえて目指そう

今の問題を明示するイメージをお守りにすると解決に至ります。これは標語の働きに似ています。交通事故の多発する交差点の看板はそこの問題を明示しているので、通行する人たちの注意を促して、結果的に事故を防止できているわけですね。

水地比なる卦の上側は、水は陰−陽−陰で艱難・障害の意味します。おどろおどろしい感じを与えます。八卦で水の卦が良い意味を指すのはまれです。そのような卦がここでも上手く利用できます。

下の卦、地は陰−陰−陰で力なく受け入れる状態の意味だとされており、自分の力がまったく及んでいない様子を表しているのです。つまりは大問題を目前に控えて、自分に力が足りないと宣告しているのです。

確かにこの卦は形は力なく障害をだくだくと受け入れるように見えるのですが、卦につけられた名前がそこに隠された重要な意味を暗示しています。隠されているだけに秘術と言えるかも知れませんね。

水地比の比は「比翼の鳥」の意味。白居易の言葉ですが、2羽で飛べる伝説上の鳥だそうです。「連理の枝」という、根が1つになっている2本の木とセットになった言葉でもあり、一緒に生きている様子をしています。

確かに1羽だと飛べないのは問題、障害であって解決できないことなのですが、同じ問題を抱えている相手がいれば、一緒になって大空を飛ぶこともできるようになる仕掛けですね。

ふさわしい相手と協力して飛べるのは大きな喜びです。結婚生活も同じだと思います。女性がふさわしい相手を見いだした時の喜びが空を高く飛ぶような人生の原動力になります。

ただし、ライバルでは比翼にならないということも注意しておいた方が良いでしょう。比翼の鳥であっても右側が揃っても、上手く飛べるはずがありません。競い合う関係を避けるべきなのです。

信頼できる相手でなければ比翼にならないのは当たり前だと思いますが、これも覚えておいて頂きたいことです。問題があるとつい焦ってしまうのが人間で相手を確認せずに飛び出してしまうような事態が時として起こります。結果はわかりますよね。

相手に欠点があってもお互いが補い合えるのが大切です。むしろ欠点がなければ、互いに関与し合うきっかけもないという心配も出てくるのではないでしょうか。助け合える相手はとても貴重な存在なのです。

この親しむ形では、問題の共有と共働がお薦めです。女性の思いを満たすのにヒントとなっている気がします。比翼は背負って飛ぶのではありません。一緒に飛ぶんだという関係が大切なのですから、相手の能力を必要としているのです。

目上の助言を求めるとさらに良い結果を招くでしょう。孤立しないための心得だと思ってください。目上とされる人たちは私たちより圧倒的に人とのコネクションが多いはずで、その分、問題解決に繋がる知識も持ち合わせているのです。

この卦を頼りにお互いが補える関係かを再確認すると良いでしょう。一方的に助ける関係では長続きしません。一方的であることは問題をはらみやすく、気づきにくいのです。一人だと問題を解決できないということをしっかりと認識するようにしたいものです。

何度か女性が、せっかくの式場打ち合わせなのに予定に遅れてくる彼氏はどうなのかと相談されたことがあります。比の大原則が誠実さです。これがなくては比は成立しません。そして誠実さを示す行動で一番簡単なものが時間を守るということです。

時間を守ることが相手に対する誠実を表す第一歩ですよ、男性方。女性を幸せにするのであれば、まず誠実であることがなによりですよね。その責任は男性側にあるはずです。先ほどの女性にはすぐに別の男性にするようにお勧めしました。

将来はゴールイン!を目指すならこれ。それは幸せな家庭のかたち

恋愛中のカップルは向かい合って、お互いのコミュニケーションを大切にして関係が成長します。言われなくてもわかって欲しいところなのですが、実際はこれがなかなか難しいようです。

自分の欲求を要求するばかりで、相手の都合をまったく無視してまっているカップルが意外と多いようです。自分の主張を明確に伝えるのは単にコミュニケーションのはじめだと知らないようです。

コミュニケーションは、関係を気づくための行為ですが、これもまた1つの作品として積み重ねていくものだからです。主張を一方的に押しつけているのでは、まったくコミュニケーションが育たないのも仕方がありませんよね。

家人の卦は、上の形は陽−陽−陰です。これは風を意味します。風は入って従う意味を持ちます。上の卦は外に立つ男ですが、家を向いて気遣い、そして従う形だというとらえ方をします。易はこれが家庭を持つ男性の理想の形だと言っているのです。そのように言われると上の風(巽)は外で働く男が下を向いているように見えます。

対している下の形は陽−陰−陽になっています。これは火を意味します。火は明るく、美しいものを意味していますね。家ではいつも暖かい明かりが灯されていて、周囲の人をも引きつける魅力を持ってる状態が良いとされます。下の火は(離)が美しい家庭と奥さんを表しているとも言われるゆえんですね。

少なくとも真剣に異性とお付き合いするのであれば、将来のゴールは結婚し家庭を築くことでしょう。その場限りの情熱を感じたいだけであれば、目指すべきゴールなんて必要ありません。真剣だからこそ将来の目標は幸せな家庭ですよね?

八卦が提示しているモデルは、一家のあるじが外で労働に従事し、女が家庭を守るという伝統的なモデルです。出かけては家族を思い慕い、家庭にあっては暖かに包み込むといった感じで理解していただきたいところです。

漠然としたイメージよりも具体的で明確なイメージが良いですね。言い替えれば、言葉であれこれ言い合うのではなく、目に見える形に表されていれば、より具体的で明確なイメージが伝わり、共有する助けになります。

ですから、どのような家庭を築くかを考えるときにも、その家庭のモデルが必要になります。どのような状態に進むのかは、願っているゴールを明確にすることから始めなければいけないのです。その場の感情に身を任せて判断していては、成り行きに振りまわされてしまうに違いありません。

風火家人の卦をモデルとしてそのまま利用せず、応用すると良いでしょう。そのままの形を相手に押しつけてしまうのは、結局コミュニケーションになりません。要求し合って行き違ってしまう可能性もあります。本質を捉えて応用するのが大切です。

と言うのも、現代的な家庭とは少し違うように思えるからです。風火家人の形のイメージに同意するのは男性ではないでしょうか。逆に女性は少し違うことを願っているように思えるのも、女性にとって社会が大きく変化しているからです。

結果として問題になるのは、夫が家に帰ってこないという状態。外で残業に次ぐ残業で仕事に打ち込んでいる姿は美しいと思われがちですが、本当に大切なものを忘れて走っているだけのように見受けられます。

また妻が家庭を守ってくれない、なんていう相談も少なくありません。でも家庭は本来家族みんなで作っていくものであるはずです。本質はどこにあるのでしょうか。このような相談を受けると、悲しい気持ちになります。

役割分担ではなく、臨機応変な家庭を目指すといいのではないかと思っています。どちらが外に出ても家庭を思い、家庭は暖かく迎えるように協力し合うのはいかがですか?

1 2 3 4 5