恋愛に効くおまじない。でも素敵な恋愛にするために必要なこと

恋愛に関する相談は易占をしているともっとも件数が多いといえそです。もちろん女性が多いわけで、男性としては女性の気持ちをストレートに聞く機会に恵まれる結果になり、男性の視点から彼女たちの苦労に同情を感じ、切なくなることもよくあります。

彼女たちの悩みを一言で言えば、思いが伝わらないというもどかしさかも知れません。でも男性の一人として、その訴えを見つめるのも違う思いをもつようになります。それは恋愛の意味に男女差があるなあという思いです。

さて易経では、恋愛もビジネスも同じ道程を想定します。簡単にまとめれば、ゴールを決めたら、過程を楽しむのが手順です。ですから、いろいろな経験を通じて、過程を辿って何かのゴールに到達するという考え方が中心にあります。

そのような旅のような恋愛やビジネスに必要な最初のものはゴールです。なので恋愛のゴールとしての家人卦をご紹介しましょう。この卦を予祝として用いることで、恋愛のゴールを明確にしておくのが恋愛のスタートを上手にできるようになる秘訣になります。

それから大切な関係を維持して育てるために必要なのは一緒にいる時間をどのように過ごすかです。そのために使える、時間の共有で女性が幸せを感じるのを予祝する予卦を紹介します。これを相手の人と一緒に予祝できれば、デートが充実するでしょう。

そのような卦は他にも用意されています。楽しい時間を過ごしたい比卦がきっとお役に立つに違いありません。楽しい時間は一人だとそれなりですが、二人で楽しむことでさらに喜びが大きくなっていくでしょう。

でも楽しさだけだと先に進む力は発揮できないことも。ステップを進めるためには欠かせない大事があります。二人の関係だからこれが大切な中孚なる卦を押さえておかなければいけません。孚という字は浮という字の三水を取り除いた文字です。

たまには若さを楽しむのも悪くない沢卦と主張します。沢は流れる水を意味しますが、その形が若い女性が口を開けて笑っている姿を表現するともされており、喜楽を意味します。この卦はまた孚の卦の変形だと考えられ、喜びと密接に関わっていて効果が期待できます。

そして確実に前に進んで実を結ぶ漸卦を逃せません。物事を徐々に進めて、一歩一歩を確実にしていくのが肝要でしょう。これを予祝してうっかりに警戒しておくに超したことはありません。

女性に限らず、対人関係の悩みは相手をコントロールできないという本音が隠れています。直接支配する方法を提唱しているところもあるのですが、東洋思想ではあまり好まれないようです。相手を同じ人格として尊ぶのであれば、どのような方法で接するかは明確でしょう。

恋愛は相互関係には男女差があります。これを理解できれば、恋愛のすれ違い感覚を解決できるはずです。どちらの思いも本当なのに気持ちがすれ違うのは相互関係の理解に男女差がああるからなのですね。

いわゆる役割期待では上手くいきません。役割が時と場合によって変化するからです。自分を表現することと相手を理解するために知っておくことで解決するはずです。相手を尊重する意味はここにあります。尊重するためには理解が欠かせません。

大きい誘惑がありますが、それに心を任せると関係が破綻します。それは絶対に手放してはならないという強い思いです。別れたくないという思いは相手を束縛します。束縛を喜ぶ人格には問題が潜んでいる可能性が高いです。

自由とは相手の選択を認めることですから、相手が違う道を選んだら、譲る程度の気持ちに押さえておくと、相手が束縛を感じず、貴女の魅力に捕らえられているのにも気づかないに違いありません。

仲間を求めるなら。昔から仲間と一致団結が大切だったからこれ

共通の認識を持つ似たもの同士を集める卦、天火同人と呼ばれる卦をご紹介したいと思います。この卦は非常に強い性格を持っているようです。その分、効き目も期待できるはずですので、使用には注意が必要です。その点はご注意ください。

まずは卦の形を押さえておきましょう。同人の卦は上から陽−陽−陽、陽−陰−陽で表現されます。5つの陽に陰が1つだけ含まれている形です。その陰は下から2つめにあります。陰が1つのみで他は陽であるのがこの卦の強さを表します。

上の形は乾(けん)と呼ばれ、球状の玉や天、目標、理想などを意味する形です。陽のみでできているので、どこにも弱さがなく完全な形を作っているので、丸いものを意味したり、完全な状態である目標を意味することになりますね。

そして下の形は、離(り)と呼ばれ、火、明るい光、目や美しいものを意味する形です。陰が陽に挿まれた形は中に含まれる穴を象っていて、そこから目を意味することになり、さらに見ることを意味したりします。

ですから同人の卦は理想を目標にして共有する形だといえます。この形は追求すべき目標がとても大切なことだと教えてくれます。何かを誰かと目指すなら予祝の形としてとてもふさわしいでしょう。

職場に限らず共有することが大切だとあちらこちらで耳にします。学校でも体育祭、文化祭などのイベントを目の前にして、普段のライバル関係を横において協力関係を必要とする場合が少なくないからです。もちろん仲良しカップルでも同じ事に違いありません。

しかし、何を共有するべきかについてあまり語られないのももう一つの現実です。よく聞かされるのは「こころをひとつにして」という言葉でしょうか。これはしかし何も目標らしきことを表していないのではないでしょうか。

カップルであれば、幸福な結婚がゴールでしょうか。でも幸福な結婚を目指すというゴールが本当に共有されているか、同人になっているのかは約束できないかも知れません。幸福な結婚とは何かについて、つまり目標についてもっと明確にしていく必要があります。

そして結婚していれば、幸せな家庭形成がゴールかも知れません。そのようなゴールを目指す相手がいること自体が、幸せなことですよね。しかし、その先に進むことができるのです。なので、明確なゴールは必要になります。

ビジネスであれば、目標達成、売り上げ達成がゴールでしょう。社員一同が一丸になって経営努力をするはず。その状態が形作られるのを同人は示しています。協力者もいるに違いありません。そのような協力者などの周囲がしっかりとゴールを理解してもらえるように努力する必要もあるでしょう。

仲間内でゴールが何であるかをしっかりと考えて、イメージすることを同人の卦は示しています。それが大切なポイントであることは改めて述べるまでもないですよね。

そうでなければ時として仲間だと思っていたのにゴール設定が違っていたりで失敗に終わる危険が高まります。単にこころをひとつにしただけでは、仲良し会に終わるでしょうし。カップルでもいずれ目標を勘違いし始めるかもしれません。

デートの目標は何でしょうか。楽しい時を過ごすためですか?それもあるでしょう。夢を共有するためですか?それも大切です。次の約束を忘れずに?あなたはかなりモテる人に違いありません。でも大切なことが残っています。

会社で頻繁に催される懇親会の目標は何でしょうか。同僚の人となりを理解することでしょうか?それは業務遂行の参考になります。しかし大切なポイントはデートと変わりません。それらのイベントを利用して同人のゴールを再確認しましょう。それを忘れてはいけません。

感じるから出会い。理屈を超えた出会いを望むならこれに限ります

最初に使ってみたいのは出会いをゲットするための形ではないでしょうか。ビジネスであれ恋愛であれ話が前に進みません。そんな思いに答える八卦があります。それは理屈を超えた出会いを表す卦である沢山咸。

この卦は上から陰−陽−陽.陽−陰−陰の形になっています。八卦で使う算木では、真ん中に区切りを入れて陰を表します。上と下の2つに分けて、3つずつにすると上は水が流れる谷を意味し、下は高い囲いの形で、山の意味を読み取ります。

たしかにビジネスも恋愛も出会うことから始まります。でも望み通りの人が、わかりやすい格好をして目の前に表れるといった確率はそれほど高くないように思います。出会いは合理的に計算できません。

また、どこかに宝物が隠されていても、それを誰かが知っていれば、既に無くなっているでしょう。出会いは知り合いに紹介されることで上手くコトが運ぶのもまれなのだと思うのです。これを紹介ビジネスで紹介された得意先と上手くいかない例で経験しました。

出会いは計算できませんし、紹介に頼ることもできません。だからこそ、出会いは偶然であるように思われている節があります。偶然だからなすすべがないという訳です。しかし、そうでもないという理解があります。

出会いが少なくなってしまい、あるいは最近はめっきりという事態に陥るのは、無意識のうちに取捨選択しているのが本当の原因だと考えられます。まったく人を見ることすらなかったとか、部屋に一日中閉じこもって誰とも口をきかなかったなら、それは別の話。

通常、合理化したり、メリット・デメリットを考えてしまう傾向が強くあるのです。これは常識ですから悪いことではありません。道路ですれ違う人に出会いを期待して声を掛けているなら、誰でも不審者扱いされるか、異常者と思われるでしょう。

特に用事がなければ、人に声を掛けるのは迷惑な行為だという考えはとても常識的なのです。だからこそ、その常識的な理性の判断が強すぎる場合があって、出会いのチャンスをみすみす見逃してしまう結果になるのです。

そもそも時間を掛けて付き合って見なければ人は分かりません。昔から馬には乗ってみよ、人には添うてみよと言われるのには合理的な意味があります。見かけとは全く違う中身を持てるのが人間だからです。

すごく厳しい雰囲気の男性が極端に優しい内面を持っていたり、好ましいイケメンだと思っていたら、大して中身のない人に過ぎなかったりします。むしろいつも、人の外見と内面との差が大きくて私たちを混乱させているのが、当たり前のような気がしませんか?

思いやりあふれる父親がどこでも同じ態度ですべての人に接するのを常識的には期待できませんよね。人の価値は置かれた場所で発揮される性質を持っています。職場毎に必要なスキルはまったく違うし、空間が変われば求められる能力が変わります。すべてに万能な人などあり得ないのです。

理性では計り知れないのが人との出会いです。だから卦は自分の認識を変化させるために働きます。合理性で出会いを判断してはいけないことを思い起こさせてくれるのです。

人との相性も合理的ではありません。しかし、卦の形をもう一度見てみると、そびえる山の上から流れる谷川の形。物事が流れて、下を潤すめでたい形です。周囲に山が蓄えた水を提供する生きた山の形になっていると見るのです。

この形を意識して予祝すれば、反射的に除いていた縁に巡り会うことが可能になるに違いありません。江戸時代には町の占い師さんがこぞってこの形を看板に使っていたそうです。彼らの気持ちを察することができますよね。

まずこれから!素敵な出会いを叶える二つの形をおすすめします

出会いは理屈では理解できません。どうすれば出会えるか、どのように人は出会うのかと社会学や心理学はさまざまに研究をしてきましたが、今だが結論は出ていません。

一番多い相談事は出会いについて見て欲しいというものです。子供、若者、成人そして妙齢の人たちの恋愛でもあるいはビジネスでも同じ事です。新しい職場も出会いであれば、新しい顧客も出会いだからです。

あるいはダメだと思っていた人が大活躍するディズニー映画も多く観ることができます。これもまた出会いはあらかじめ計画することができない真理を表しているということができますよね。

実際、素敵な人だと思っていた人が実はダメな人ということもあるので、出会いは難しく、また難しい局面に陥ったりしてしまう場合すらあるので、臆病になってしまう人もいます。

出会いの多い人と少ない人の違いは数の違いです。周囲を落ち着いて見回してください。出会いに恵まれている人は必ず、多くの出会いを経験しているはずです。その出会いには良いものもあれば、好ましくないものも含まれています。

このような人、客が良いという相談者が多いのですが、理想の相手とだけ出会うのは無理でしょう。理想の相手とはつまり、あらかじめ準備が整った相手という意味だからです。想像することさえ難しく感じます。

ですから多くの人と出会って、適切な相手を選ぶという考え方が現実的です。かつての友人が教えてくれた秘訣ですが、すべてのお客さんはお客さんになる権利を持っているそうです。相手から勝手に権利を奪うべきではありません。

言い替えれば、出会いに条件をつけてはいけないということです。できるだけ、条件を外して出会いを求める必要があります。だれでも良いと言えば、出会いは広がるのが当然だと思われるのではありませんか?

だからこそ、出会いの後が大切です。出会いの間口を広げたのですから、さまざまな人との出会いを経験するようになります。だからといって出会った人をすべて良い相手だと考えるのは危険すぎるでしょう。

あるいは良い相手だと考えていたのに、その予定が違ったり、予想を裏切ったりが人間なのです。相手に恵まれるという状態は、単に出会いを増やしただけでは達成できませんから、工夫と努力が必要になります。

出会っただけでは、仲間ではない。これを心に留めておいてください。出会った人たちの中からふさわしい相手を選びます。どうしてもふさわしい相手がいなければ、ふさわしい相手が見つかるまで、出会いを増やしていけば良いのですね。

つまりは出会って、意気投合することで出会いの目的は準備完了できるというわけです。それから次のステップに進みます。出会いの目的はそれぞれに違っています。ですから具体的な方法についてはさまざまに語られています。

仲良しだけでは先に進まないという認識が私たちの中にあります。確かにその通りでしょう。出会った以上はその次のステップに進みたくなるものです。ご安心ください。このための予祝に使える卦があります。

出会って、仲間と前に進むために必要なものがあり、それが何かを八卦は明確に示しています。考え方によってさまざまに選ぶことはできますが、ここでは出会いを求める卦である沢山咸、そして仲間を作るための卦として天火同人というのをこれからご紹介したいと思います。

この2つの卦を学んで予祝すれば、出会って、仲間を健やかに作り上げることは可能になるはずです。使用する卦は頻繁に確認しましょう。少なくともステップ毎に卦を変えることを忘れずに。さあ仲間を作って、前に進みましょう。単なる占いだとは思えない世界が広がってくるに違いないのですから。

1 3 4 5